新型コロナウイルス感染拡大に伴う当社の事業リスクについて

一部報道等のとおり、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の第三波が到来し、政府ならびに各自治体等におかれては感染の拡大を阻止すべく、さまざまな政策を執られているものの、主に都市部において非常事態と言える状況にあります。

当社におきましては、本年2月29日付「新型コロナウイルス感染拡大に伴う当社の対応について」にて公表いたしましたとおり、従前より定期健康診断を実施しておりますとともに、社内感染が発生することのないよう、全従業員に対し毎日の検温を義務づけるとともに、手洗・うがい・消毒等の徹底を万全に実施しておりますが、万が一、社内において感染者が発生した場合には、行政の指導・協力要請等に基づき、全従業員がPCR検査を受検することや、感染者が多数の場合には一時休業等の措置を講じざるを得ない事態に陥る可能性があります。その際、お客様とお約束しておりますお墓参り代行日程を大幅に変更せざるを得ない可能性があります旨、何卒あらかじめご了承願います。

なお、当社では、BCP(事業継続計画)に定めるところ、万が一、従業員に感染者が発生した場合、すみやかに当社ホームページ上にて公表することとしております。

▶ニュースリリース(pdf)[印刷用]

2020年12月01日